今日一日
怒らず 恐れず 悲しまず
正直 親切 愉快に
力と 勇気と 信念とを持って
自己の人生に対する責務を果たし
恒に平和と愛とを失わざる
立派な人間として生きることを
厳かに誓います

2008年12月31日

小話集2

ある日マイケルが先生に聞きました。
 マイケル 「先生!何もしていないのに怒られることってありますか?」
 先生   「別にありませんよ。」
 マイケル 「良かった〜 僕、宿題やってません!!」

−−−−−−−−

妻「あなた今日はいいニュースと悪いニュースの2つあるのどっちを先に聞きたい?」
 夫「そうだなー、やっぱり・・・いいニュースだな」
 妻「あなたの車の、エアーバックは正常に動作したわ」
 夫「(TдT)」

−−−−−−−−

相手は女子校、女子大出身のお嬢様タイプ。写真で気に入って、合うこととなった。
  「趣味は?」・・・「男を少々」それは「お琴」だろ!大爆笑だった。

−−−−−−−−

母の友達が買い物をしていると、なにやら箱に向かって「あー、あー」と必死に声を出しているお爺さんがいた。
 何でだろうと思ってその箱を見てみると「あなたの声をお聞かせください」と書いてあった。

−−−−−−−−

化粧品を買いに行く母に付き合ったら、
美容部員に顧客登録の名前を尋ねられ
「名乗るほどのものでもない」と答えていた。

−−−−−−−−

久しぶりに夫婦そろって温泉に出かけた。
食堂にいる男女を見て、「あれは夫婦だな」と夫が言う。
「どうして」と妻が尋ねる。「男のほうがあまり嬉しそうな顔をしていないから」と言って、はっと口をつぐんだ。

−−−−−−−−

新人女子社員の話。
電話で「どちらさまですか」と聞きたかったのだろうが
「何様ですか」と聞いていた。


笑えるでしょ!
 

小話集

弟は、誰に似たのかとても勉強ができる。
それで、高校1年生のとき、アメリカに留学することになった。そのとき、
母は親戚や近所の人に 「うちの息子アメリカにホームレスやるんですよ」
と 言って、 自慢して歩いていた。

−−−−−−−

学校で突然、知らない女子に「トイレ行こう!」って声をかけられた。
0.5秒くらい沈黙が流れた後に、その女子は「ゴメンなさい!間違えました!!」
とか言って逃げていった。
俺はこの0.5秒の間に色々なことを考えました。 
「まさか、これからトイレで、この娘とあんなことやこんなことを、、うお〜〜!!」
少しでも期待した俺は馬鹿だ。。

−−−−−−−

罰ゲームで女子トイレの個室入ってあえぎ声(まね)あげて出てくるってことになって
実行したら隣のとこから先生でてきて3時間正座したまま怒られた・・・
しかも親に通報・・・・・・・・・・・・

−−−−−−−

ある日、6時間目に全校集会が開かれた。
そして教頭が壇の上にあがり
『今日はお前らの服装を直す!!!!
 特に女子生徒!!!
 お前らは下半身の締りが悪い!!!』

みんな爆笑

−−−−−−−

先日、ぼくが友達とファミコンをしていると 通りかかった母が、  
 「おまえたちはいいねぇ、 毎 日 が エブリデイで」と言った。
 母はいったいなにが、いいたかったのだろう・・・・。

−−−−−−−

「なぜ手術室から逃げたのか、お話しいただけますか?」病院の理事が患者に尋ねた。
 「なぜって、看護婦が『大丈夫、盲腸の手術はとても簡単なのよ』って言い聞かせたんです。」
 「それで……」「それで?」男が声を上げた。
 「彼女はね、先生に向かって言ってたんですよ!」

−−−−−−−

社会人なって、初めてキャッシュカードをもったある男の話。
 6月くらいに恐そうな顔で通帳を見ながらお母さんに
 『毎月’としこ’って人からお金が振り込まれるんだけど、ちょー恐い』とかいって、お母さんに通帳を見せました。
 すると、お母さんは呆れた顔して『これは利子(りし)って読むんだよ』って言ってました。

どうです。笑えました?
笑いは人生を豊かにします。






進歩が感じられない12月だった

12月の反省は、インフルエンザにかかり、せっかく習慣化できてたものが崩れて元の状態に戻せなかった。

自分の意志の弱さにあるのは間違いのないことだけど、これからまずは元の状態に戻して、日々向上していかないと、と思う。

まずは決めた行動を日々コツコツとこなしていくことで、亀の歩みでも前進していくものだろう。

まずは健康。そして、一つずつ行動。

ただ、ブログの更新は頑張った。記事数が増えたことについては頑張ったといえる。

これからは記事数も必要であるが、
内容が濃いものであるかどうか、読者が役に立ったかどうか?ということを常に考えながら、書いていく。

本来は記事数より、内容が大切だ。


これからも頑張っていこう!

追加
 夢のような現のような、おとぎ話のような、自己欺瞞で人生を過ごしてしまったのでは、二度と繰り返すことの内人生、もったいない。
 あっそうか、と気がついたときが新しいバースディ。

気がついたときが、新しい誕生日ですね。その誕生日を作るか作らないかは自分の自覚にかかっているんだ。
 
posted by riki at 10:17| Comment(1) | 1ヶ月の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイを旅行する際は十分な注意を!

タイのツーリストポリスはこのほど、バンコクと南部スラタニを運行していた夜行バスで、バス利用者のバッグなどから金品を盗んでいたタイ人運転手ら三人を逮捕した。

関連記事はこちら


それによると、

夜行バス、手荷物預かり所などで金品がなくなるということみたい。
盗んでいる人が、バスの運転手だったり、手荷物預かりの係であったりとその仕事に携わっている人みたいだ。

従業員が盗むのだから、どうにもならない。
タイに行ったら、十分注意しないと盗まれるということだね。



posted by riki at 10:06| Comment(0) | ニュース関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尊き人生

12月31日(水)

今日は大晦日。
大晦日だといっても、家では日頃と大差ない一日だ。

来年の目標を定め、一日一日を有意義にするために心を清く、正しく、尊く、強くすることだけだ。

しかし、これがなかなかできない \(__ ) ハンセィ

<今日の一言>
 金殿玉楼の中にあって暖衣飽食、なおかつ何らの感謝も感動もなく、ただあるものは不平と不満だけという憐れな人生に比較して、まことや、人生のいっさいを感謝に振り替え、感激に置き換えて活きられるならば、截然(せつぜん)としてそこにあるものは、高貴な価値の尊い人生ではないでしょうか!
 否、こうした心がけの現実実行こそ、活きる刹那刹那に、なんとも形容できない微妙な感興おのずから心の中に生じきたり、どんなときにも生活の情味というものが当然味わわれることになる。
中村店風


日々感謝、感動だね。
その心は大切にしていきたい。


今日は年賀状を出さないと
でも、元旦にはつかないか?


タグ:中村天風
posted by riki at 08:17| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

中村天風なる人物とは?

多くの成功者の本を読んできて、どれも素晴らしい内容だと思う。でも成功者の本を読んでいると、どの本もいくつかのこと集約されていくようである。そういえば、あの本にもこの本にも書いてあったな〜という感じになる。

私の心にずしーんというような感じで、心の中に強いインパクトで身体のなかに入ってくる本はなった。

しかし、中村天風の本は違った。
読んでいくうちに、力がみなぎっていく。中村天風の哲学に自然と引き込まれていく。そんな本は今までなかった。
とにかく力強い。

天風師の影響を受けた主な人々(敬称略・順不同)

   東郷平八郎(元帥)
   原 敬(元首相)
   後藤新平(満鉄総裁・元内相)  
   山本五十六(元帥)
   ロックフェラー三世夫妻
   浅野総一郎(浅野セメント創業者)
   松下幸之助(松下電器産業創業者)
   北村西望(彫刻家・文化勲章)
   岩松三郎(初代最高裁判所判事)
   双葉山(35代名横綱)
   砂野 仁(川崎重工元社長)
   6代目円生(落語家)
   松田権六(人間国宝)
   稲盛和夫(京セラ名誉会長) 
   宇野千代(作家)
   永守重信(日本電産社長) 


初めての人は、中村天風の経歴を知ることから初めてはどうだろうか?


1876年、大蔵省初代抄紙局長の中村祐興の息子として現東京都北区王子で出生。父祐興は旧柳川藩士で、中村家は柳川藩藩主である立花家と遠縁にあたる。王子村(現北区王子)や本郷で幼少を過ごした後、福岡市の親戚の家に預けられ、修猷館中学(現・修猷館高校)に入学。立花家伝の随変流の剣術と居合も修行した。幼少期より官舎の近くに住んでいた英国人に語学を習い、修猷館ではオール英語の授業を行っていたため語学に堪能になる。柔道部のエースとして文武両道の活躍をするが、練習試合に惨敗した熊本済々黌生に闇討ちされ、その復讐を行う過程で相手を刺殺(ただし正当防衛は認められた)、修猷館を退学になる。その頃、玄洋社の頭山満の知遇を得る。

16歳の時に頭山満の紹介で陸軍の軍事探偵(特殊工作員)となり、満州へ赴く。軍事探偵として活躍し「人斬り天風」と呼ばれたという。1904年(明治37年)3月21日コサック兵にとらわれた三郎は銃殺刑に処せられるところであったが、ギリギリの瞬間に部下に救出された。113名いた軍事探偵のうち日露戦争から生還したわずか9名のうちの1人。

日露戦争後30歳にして、奔馬性結核を発病。33歳の時、病気のために弱くなった心を強くする方法を求め、アメリカへ密航する。途中アメリカでは自らの病の原因を尋ねてコロンビア大学で自律神経系の研究を行ったとされる。イギリスに渡った後、フランスでは大女優サラ・ベルナールの家に居候し、各界の著名人に会う機会を得るが、いずれも納得の行く答えを得ることができなかった。1911年日本への帰国の途上、カイロにてインドのヨーガの聖人、カリアッパ師と邂逅。そのまま弟子入りし、ヒマラヤ第3の高峰、カンチェンジュンガのふもとで2年半修行を行う。

1913年日本へ帰国途上、中国で孫文の第2次辛亥革命に「中華民国最高顧問」として協力。その謝礼として財産を得た。東京実業貯蔵銀行頭取などを歴任、実業界で活躍する。

1919年突然感じるところがあり、一切の社会的身分、財産を処分し、「統一哲医学会」を創設。街頭にて教えを説き始める。政財界の実力者が数多く入会するようになり、会は発展していく。1940年「統一哲医学会」を「天風会」に改称。1962年国の認可により「財団法人天風会」となる。

1968年12月1日死去。享年92。

「笑顔は万言に勝るインターナショナル・サインである」という言葉を残している。

タグ:中村天風
posted by riki at 17:27| Comment(0) | 中村天風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気功の種類

気功には硬気功(武術)と軟気功(医療・保健)に分かれる

軟気功は内気功(自分で身体のなかの「気」の流れを調整する気功)と外気功(自分の身体の外に「気」を発する気功)に分かれる

内気功は
静功:身体を動かさずに行う「立式」。座ったりいすに腰掛けて行う「座式」。横になって行う「臥式」がある。
動功:身体を動かして行う気功。さまざまな動き・姿勢が確立されており、動作と呼吸と意識を統一して行うことで全身の「気」を巡らせる
按功:自分の身体に直接刺激を与える気功。自信の身体を按摩する「按摩功」。手のひらでたたいて内臓器官に刺激を与える「排打功」
に分けられる
posted by riki at 17:04| Comment(0) | 気功について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「気」とは何か

古代中国では、宇宙できる前に「気」があり、「気」から宇宙が生まれ、地球上の万物はすべて「気」からできていると考えられている。

「気」は生命の根元、「気」が体内を巡ることで身体の機能が正常に活動する。

この「気」が滞れば病気になり、離散すれば死ということになる。

科学者によると、「電磁波みたいなもの」、または「微粒子」という人もいる。

「気」は目に見えないものであり、その考え方は、一致していない。

タグ: 気功
posted by riki at 16:43| Comment(0) | 気功について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時がきたら着く

12月30日(火)

<今日の一言>
 たとえば、これからあるところに行こうとするときに、まだ着かないという気持ちで歩いているときと、悠々として、時来たらば着くという気持ちで歩いている時と、同じ歩いている場合でも、その歩くことに対する人間の気持ちの中に、天地の相違があるだろう。
 だから、理想はよしんばその理想とするところに到着しなくても、たえずその理想とするいう気持ちを変えないことが、人生を尊く生かすことなんだ。
中村天風



やっていたら必ず到達できる。そんな気持ちで行動することを言っているのかな?

焦らず、理想をもって行動する。


今日は、朝から東野圭吾の「手紙」を読んでた。はまちゃった。

強盗殺人の兄を持ち、その兄のせいで、弟の人生も試練の人生となっていくストーリー。

罪を犯すことは、社会から抹殺され、その罪を犯した家族までがその罪を背負っていくことになる。

人はひとり生きているわけではないので、罪を犯すことの意味も考えさせられた。

興味がある人は、こちらのアマゾンからどうぞ!


今日は読書三昧と行くかな〜

でもDVD制作が気になるな。

posted by riki at 15:23| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

父親の面白い話

夫婦ゲンカのとき、父が母に 「バカモノ!」 と言うのを、間違って、「バケモノ!」 と怒 鳴って し まった。ケンカはさらに ひどくなった。


家族揃って夕食をとっているとき、何かの拍子に怒った父が、
 「誰のおかげでメシが食える と 思ってるんだ」といおうとして、
 「誰のためにメシ食ってんだ!」 と怒鳴った。
 私と姉は 「自分のためだよ」 と答えた。


先日、父は、男にフラれて落ち込んでいた姉をなぐさめようとして、
 「おまえ、人間は顔じゃないぞ」 と言うところを、
 「おまえの顔は人間じゃないぞ」 と言ってしまった。




よ〜くこんなことを思いつくね。
笑ってしまった。
 





朝食を抜く若者、性交渉の時期早まる傾向

世界びっくりニュースから

[東京 26日 ロイター] 中学生時に朝食を取らなかった人は、朝食を取った人と比べて性交渉の時期が早く、背景に家庭環境が影響している可能性がある。 社団法人・日本家族計画協会クリニックの北村邦夫所長は、望まない妊娠をいかに減少させるかを目的に、16─49才の...


入学式終了後、新入生の保護者への話で、朝食を食べさせて、登校させるように強くお願いする話をします。これは、朝食が学校生活に影響を与えるということが体験的にわかっているからです。

朝食をとるかどうかが直接性交渉に影響しているかどうかは明らかではないと思います。しかし、朝食をとるかどうかの生活習慣は、いろんなところに影響していることは事実でしょう。

特に成績については、朝食をとっている生徒の方が、よい成績を残しているのは明らかです。

問題行動で指導される生徒は朝食をとっていない生徒が多い。

朝食をとっていない家庭は、保護者も小さいときから朝食をとっていない生活をしていた人が多いみたいです。

そんな習慣で育つと、自分が親になっても朝食をたらない家庭になるんでしょう。

体験上言えるのは、朝食をとっていない家庭の保護者はルーズな人が多かった。



 
posted by riki at 08:58| Comment(0) | ニュース関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間らしい活き方

12月29日(月)の予定

休み入って3日も過ぎてしまった。
何も結果を残していない。
焦るな〜

とにかく、形になるものを残して、やったな〜、頑張ったな〜という気持ちにしていかないとダラダラと過ごしてしまう。

<今日の一言>
そもそも、人間の人間らしい活き方とは、多く言うまでもなく心身の統一である。すなわち心という○と肉体という○とが相むすばって交わった活き方である。
中村天風


昨日は、片づけ3分の1というところか。
とにかく不要なものを捨てるようにしておかないと、部屋が片づかない。

そして、DVDの制作を急がないと落ち着いて休暇を終えられない。
だけど、FlashをDVD形式MPEG2に変換できるのだろうか?
未だ持って不安だな〜
 
タグ:中村天風
posted by riki at 08:37| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

宇宙の心、人間の心

12月28日(日)の予定

<今日の一言>
 宇宙という大生命の流れと人間の心が一つになれば、ここに初めて生命(いのち)の本体も本質も分明してきて、当然の帰結としてこの宇宙の心が真善美以外の何ものでもなく、そして同時に人間の心の本質(本然の姿)もまた、真善美以外の何ものでもないことがわかってくる。
中村天風


中村天風が言っている宇宙とは
人間の感覚ではとらえることができない「気」。この気のことを中国では「霊気」、日本の儒学者は「正気」とらえている。
気がエネルギーの元。このエネルギーを作り出す元が、宇宙を作り出した。
中村天風が言っている宇宙は、私たちが学校で習った物理的な宇宙のことを言っているのではない。
気が動くことによって、物が創られる。気が動く=アイディアとなって現れてくる。人間の場合は、心となって現れる。

真:誠、嘘偽りのないこと。筋道が少しも乱れていない。
善:偏りのない愛情、気に入らないものでも可愛がる愛情
美:調和


今日は部屋を片づけよう。これだけはしっかりやろう。
 
タグ:中村天風
posted by riki at 11:21| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふくの湯で親孝行

12月27日(土)の反省

どうもいけない。

しっかりとした計画を立て、その行動をすることができなくなってしまた。

やっぱり、インフルエンザから自分を律することができなくなった。

ここで、気持ちを入れてしっかりとした一日を過ごしていかないといけない。

昨日は、両親を「ふくの湯」に連れて行った。
親父を一人で風呂に入れるのは危険があるので、長男の僕がいっしょに入ってあげた。

でも、親父を見ながらの温泉は、結構しんどい。

母親はそれを毎日してあげているんだよね。
偉い!

ちょっと、かなり?親父はボケが入っているから訳のわからないことを言っちゃ〜母親を困らせている。

両親とは隣どおしなんだけど、ぼくんちきちゃ〜、やってられないと愚痴を言って帰っていく。

母親は偉い!

それだけで気分を変えて、せっせと親父の相手をしている。

母親は本当に偉いよ!

昨日はちょっとでも母親の負担を減らしてあげられたかな?

毎週、母親の休みの日を作ってあげないといけないと反省した次第です。
 


タグ:親孝行
posted by riki at 09:49| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと卑猥な話

昨日は親孝行するために「ふくの湯」というところに行って親父といっしょにお風呂に入ってきた。

親父も年で、服を脱いだり、きたりすることが上手にできない。

お風呂も一人で入ることに不安がある。

お風呂にはいろいろな種類の風呂があるのでそれを一つずついっしょに入って、親父も満足していたと思う。

お風呂から上がって、親父に服を着せて、脱衣所から出ようとするとそこには、顔がごっつい、耳にはダイヤ?のピアス、身体もがっちりの青年が全身自信に満ちて仁王立ちという感じで裸でたっていた。

ごっついな〜と思いながら、頭から下に目を走らせると、

(股間に目がいった)
何と、ごっついのに(そんなの関係ないけど)

何とですよ。


しっかりとした、

真性包茎だ!

よくも自信満ちた恰好で、包茎をさらすことができるな〜と感信心した次第であった。

しかも真性包茎だ

ぼくなら、隠しているだろうな〜。

 


タグ:包茎

2008年12月27日

心に映像を描け

12月27日(土)の予定

<今日の一言>
 およそ人間の心の中の思索というものが、それはすごい魔力のような力を持っているものであるということをもっともっと真実に確信的に忘れないようにしなきゃいけないんだよ。
 絶え間なく映像化される想像という心の作用に良き刺激を与えて、そしてそれをピンぼけしなければ、黙っていても新年の力は強固になって、あらゆるすべてを現実化する。
 つまり、潜在意識の力を活用する、特に効果のある方法は、絶え間なく心に映像を描くことなんだ。
中村天風


これは、いろんな成功哲学の中でも書いていることですね。
一日の中に瞑想を取りいれて心の中で映像化する訓練をする。

心の中に映像を思い描いたことで心地よいドーパミンを出す。ドーパミンを出すことが大事なんです。これは科学的に証明されていますからね。


今日は、母親から頼まれていた年賀状を作ってあげる
部屋をかたづける
ブログの自動投稿プログラムの修正

これだけはしっかりと実行しよう。

嬉しいな〜
今日から休みだ!!
 
時間を自由に好きなことに使えるぞ!
 

posted by riki at 08:02| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

本当の人間の姿

12月26日(金)の予定

<今日の一言>
正しい真理の上から厳粛に言えば、人間とは、「感情の動物」ではなく、「感情を統御し得る生物」です。これが本当の人間の姿であります。
 しかるに、この本当の姿だという真理の上から、厳しくあなた方の人生生活を考えてご覧なさい。感情を統御するどころか、しょっちゅう感情に追い回されていないだろうか。
中村天風


よく、人間は感情の動物、とは言われますが、実は、感情を自分でコントロールすることができる生物というのが本来の真理だとは、考えても見なかった。
感情を思うままに出すのではなく、その感情をコントロールすることで豊かな人生を送ることができるんでしょう。

そうできるように、日々修行だ。

今日は、御用納め。
身の回りのものを整理整頓しておかないといけない。
それから補習、新年4日から補習だ。補習しないと時間が足りない。

3年は来ないな〜
来ない生徒は強制でこらせてという方法もあるんだろうけど、専門学校の資金の足しにとアルバイトしている生徒、これも大事だろう。
またそんな純粋な心であると信じておこう。

でも、生徒には何度も言っているけど、その程度の学力で専門学校に行っても、将来にはつながらない。もっと高いものを学校で身につけ、それより高いものを専門学校で身につけるようにしないとお金がムダになる。

生徒諸君、もっと学力をつけよ!
学校をでていない人で成功している人の特徴は、自分の仕事で必要な知識、考え方、技術はかなり高いということである。
知識、技術なくして成功している人はいないと言っておこう。
 
だからこそ、日々の向上心が大切なんです!
 

○反省
1月にある検定のために補習に参加している生徒は、今日もまじめに取り組んでくれて、とても気持ちのよい一日を過ごせた。
生徒諸君、ありがとう!

検定に合格するためには、大切なことはただ一つだけ。教師の教え方よりも自分で解いてみてわからないところを探すこと。そしてそのわからないところを質問することだ。

今日は、ノートパソコンをM先生からいただいた。
超いい一日だ。M先生ありがとう。ノートパソコンは見事に復活しました。ちと速度は遅いですけど、まだ十分使えます。


posted by riki at 22:23| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ使い捨てられるのか?派遣の首切りに対してみんなどんな意見なんだろう?

働く意欲も、時間も、体力もあるのに、その機会を奪われる。「はたらく」ことの意義を考える連載を始めるにあたり、序章として、働けなくなってしまった人たちの苦悩を伝える。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081225-00000003-yom-soci

テレビのニュースやコメンテータの意見は、おおむね首切りが悪い等の意見だけを流しているような感じているのは、僕だけでしょうか?

インターネットでは、どのような意見があるのか探してみました。


辛口の意見が多かったのがこちらのブログ
http://gogotorimaru.blog19.fc2.com/blog-entry-378.html

いらないから

能力がないから

お金と時間の「交換」構造しかないから

雇い主がお金なかったらどうするよ
交換しねえだろって話をしたのがレヴィ・ストロース
やれ「がんばり」だの「努力」だの「気概」だのどうでもよろしい誰かの都合でしかない
派遣自体が使い捨てってことを理解してたはず
それなのに実際使い捨てられてゴネるとかゴミクズ以下
なんでこいつらは使い捨てられてもなお「派遣」ってポジションで働こうとするの?
派遣の現実を突き詰められて「派遣はだめだ。やはり正社員にならないと…」と奮起しないのか?
今派遣切りがどーたら言ってるような奴ら助けても無駄だろ。結局は楽したいだけなんだから

マスゴミは派遣の肩もちすぎ。
派遣で安穏と仕事してた自分が悪いのに。
マスゴミの報道の仕方をみてると、
ただ、大会社が悪い、社会が悪い、政府が悪い、自民が悪い、弱者に責任はない
みたいな構図を示したいだけに見える。
国民のための報道とかいうなら、
国民そっちのけで政局しかにらんでいない民主党の糞ぶりをきちんと報道しろよバカ

偏った報道に対しては批判的、切られた人に対してはゴネているというように考えている人が多いみたいです。


http://news.enlis.net/2008/12/post_70.html から
今の世の中を一番表している写真だと思います。がっくり肩をおとして、ワンルームの中央にいる姿は、明日はわが身と考えなくてはいけません。

今まで仕事は会社が作って、従業員は与えられたノルマをこなしていけば良かったのですが、今後は自ら仕事を作り出す頭を持たなければなりません。

お金は給料としてもらうのではなく、自らの知恵と行動力で掴み取るということです。


http://1yoko.jugem.jp/?eid=83 から
労働力として、同じ仕事をしようが能力があろうが、正社員より先に切られるのが派遣の立場。

http://uzagiichigenkoji.seesaa.net/article/111682194.html
今まで勉強してなかったからだー
とか
正社員を代わりに切れっていうの?w常識で考えろ
みたいなこというひといるけど
何勝ったようなきもちになってんのよ
といいたいわ
会社の状態が悪くなってきたら
すぐ同じ目にあわされるわよ


こんな意見もありました。



タグ:派遣
posted by riki at 22:13| Comment(0) | ニュース関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

人間だけが進歩する

12月25日(木)

<今日の一言>
 太古から脈々と、人間だけが心に思うことや考えること、「ああなったらいいな、こうなったらいいな」ということが理想化されて、それが一つのひとつ現実化されて、今のこの世の中が作り出されてきたんだろう?
 人間にだけ、この不思議な力というものが与えられている。だから人間の世界にだけ、進歩と発展があるんです。
中村天風


人間だけというと傲慢になるかもしれないけど、確かに心に鮮明に思い描いていることは、実現できていると思いませんか?

まずは、夢を持つこと、それから始まります。
まずは夢を持ちましょう。

特に私たちの職業は、夢を語ることが大きな仕事だと思っています。
生徒に「夢を持て」といっているその人が、夢を持っていない、ということが多いです。

夢を持っていない人が夢を持てといっても相手の「心」に響きませんね。

そろそろ、来年こうなっていたいと思う姿、それを達成するための目標、5年後の姿、そのために達成しなければならない目標、をマインドマップに書いて整理しないといけない。
 
今日は朝から補習。昼から勉強を一生懸命にしよう。
時間を有効に使おう。
 
タグ: 目標
posted by riki at 05:43| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重大で尊厳に満ちた使命

12月24日(水)

<今日の一言>
人間は、この世に病むために生まれてきたのでもなければ、煩悩や苦労をするために生まれてきたのでもない。
もっともっと重大で尊厳に満ちた使命を遂行するために生まれてきたのである。
中村天命


本当にそうだよね。
なにか使命を遂行するために生まれてきた。少なくとも人を傷つけるために、嫌な思いをさせるために生まれてきてはない。

本来の使命を果たそうとしなければ、幸せにはなれない。

私たちをそれをちゃんと知るべきだと思います。


今日の予定

今日は終業式。
今年の仕事も残すところ3日となりました。
しっかりと教室の掃除をさせて、また一緒にやって楽しく一日を学校を終えたいと思います。

それから、長崎市立図書館に本を返却(期限が過ぎていた。反省)
学校からも本を借りてこよう。

冬休み、本をしっかりと読んで、来年に備えよう。

今日はクリスマスイブ。
皆さんはどんな計画を立てているかな?
皆さんも今日一日とってもよい一日でありますように〔(/-o-)/〕


○昨日の反省
昨日は終業式恒例の大掃除。
これもまた、生徒といろんな話ができる機会。

昨日の超おもしろ会話

3人娘たちとの会話
僕「今日はクリスマス。どうせ、今日は予定ないだろう?わっはっはっは…」
生徒たち「(笑いながら?)むかつく、超むかつく」
僕「でも君たちは素晴らしい。予定がないけど、ちゃんと笑顔で過ごしてる。(∩.∩)」
生徒たち「先生も何もないでしょうが…」
僕「…」

どうです?面白いでしょう(^o^)

それにしても昨日の朝夕の交通量はすごかった。
朝は早くでているから、まだしも、帰りは混まなければ45分のところが、倍の90分。
途中、図書館、ガソリン等があったので、家に着くのに2時間もかかってしまいました。
自家用車で通勤時間をかけるほど時間がもったいないものはないですね。
そこで反省、昨日は帰ろうと思えば、年休で帰れたので、早く帰れば良かった。
時間に重点をおいて考え行動すべきでありました。

家に着いたら、
妻がケーキを作っていました。
ここ数年、家でのケーキ作りが定番になっていましたが、準備をしているとは思わなかったからびっくり。

そこで、デコレイトのお手伝い。

WS000010.JPG
↑生クリームをまぶした状態

WS000011.JPG
↑バナナをのせ、いろいろなものをパラパラ

なんか写真では汚い感じですが、味は結構おいしかったんです。
隣に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんにおごっそわけ。

家でケーキを作るのはこんなメリットがあります。
うちでは教育の一環でやっているつもりですけど、参考までに!

1.家族のコミュニケーションが増える。笑いが絶えない。
2.男の子ですが、ケーキの作り方、生クリームの作り方を覚える。
3.段取りについて考えさせる機会になる。

体験は机上で学ぶ以上に、多くのことを考えさせることができて、その考えて、感じたことが血となり、肉となって、実力へと変化していく。

こんな感じです。

 
とにかく、子供たちには多くことを体験させて、考えさせるようにしてみてください。

きっと素直ないい子になりますよ。
 


posted by riki at 05:25| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。