今日一日
怒らず 恐れず 悲しまず
正直 親切 愉快に
力と 勇気と 信念とを持って
自己の人生に対する責務を果たし
恒に平和と愛とを失わざる
立派な人間として生きることを
厳かに誓います

2009年01月29日

株式・為替に関する情報 5:47現在

ボラードRBNZ総裁、発言 5:37

・NZ経済の今年上半期は景気後退だろう
・世界的な景気後退がNZ経済を悪化させている
・NZの輸出見通しは悪化している
・さらなる追加利下げの市場予想は正しいだろう
・今後の利下げは小規模となろう
・自国通貨安がNZ経済を支援するだろう

RBNZオフィシャル・キャッシュレート 5:11

NZ準備銀行(中央銀行)は政策金利オフィシャル・キャッシュレートを現行の5.00%から1.50%引き下げ、3.50%とすることを決定した。

米FOMC声明 5:05

・景気には顕著な下振れリスク
・景気は今年後半から徐々に回復
・政策金利は一定期間にわたり低水準を維持
・ラッカー米リッチモンド連銀総裁が据え置きに反対し、8対1で据え置きを決定
・インフレは適正な水準を下回るリスクがある
・バランスシートの状況を慎重に注視する
・効果的と判断すれば、米国債の購入もある

米FOMC政策金利発表 4:23

米連邦公開市場委員会(FOMC)は政策金利を現行の0.00%〜0.25%に据え置くことを決定した。

トリシェECB総裁、発言 2:28

・現在も市場で調整は続いている
・インフレは低い水準にある
・デフレのリスクは今のところ見当たらない
・極端な低金利は不都合が生じることがある
・利下げについてはコメントしない
・利下げによる効果、評価は時間が必要
・今後、重要な政策金利会合は3月である

欧州外為市況 2009/01/28 22:16

欧州時間のドル・円相場は一進一退。序盤、主だった経済指標もなく全般的なドル売りが優勢となった模様で一時88.90円台をつけた。その後は、NY時間に発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとの思惑から積極的な売買は手控えられたものの、クロス円の上昇に連れ89.30円台まで小高く推移した。一方、ユーロ・円は欧州勢参入に伴い118.70円台まで上昇したが、利益確定や戻り売りに押され117.90円台まで反落した。その後は欧州株式相場が上昇したことに連れて、本日の高値となる118.90円台をつける展開となった。

ラベル:為替 株式
posted by riki at 05:50| Comment(0) | 経済に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血圧は平常だが

昨日から血圧が高かったから
測っておこう

血圧 136−89
脈拍  64

正常

昨日の夜は、トマトジュースを飲んでいるので効果があったのかな?

朝からトマトジュースを飲む勇気がない。
なぜなら、お腹がゆるんでしまうかもしれないという不安があるからだ。1時間も運転するとなると、「おー」やっぱり不安だ。

朝からのトマトジュースはやめておこう。



ラベル:血圧
posted by riki at 03:42| Comment(0) | 経済に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

今日は頭がボヤっって感じ

頭がぼやっとした感じだったので、血圧を昼に測ってみると、
170−110。

昨日もそんな感じだった。
後頭部の下の部分がちくり、ちくりって感じの違和感。

これはやばい!

今、血圧を測ってみると
119−97



何だ、この落差は?

壊れているのかな?

仕事しているときに血圧が上がるのか?
緊張しているのかな?

DVDの制作で緊張状態が続いてはいるが…


posted by riki at 19:36| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式・為替に関する情報 19:28現在

東京外為市況(午後) 17:14

東京午後のドル・円相場は一進一退。序盤は、午前に引き続き目新しい材料がない中、本邦株式市場が上げ幅を拡大させたことを背景に一時、89.30円台をつけた。しかしその後は、本邦輸出企業のドル売り姿勢が強いとも聞かれ、88.80円台まで値を下げる場面も見られた。現在は、米オバマ政権による金融機関の不良債権を買い取る専門銀行(バッドバンク)の設立の可能性が浮上していることから、ドル・円は89.10円台で底堅く推移している。一方、ユーロ・円は序盤からドル・円に連れた動きとなり、一時117.40円台まで値を下げる場面も見られた。現在は、海外市場での外貨建て投信設定に絡んだ取引を睨み、118円台半ばまで反発している。

米ドル・円 89.15/20
 (H 89.44/L 88.87)
ユーロ・円 118.50/55
 (H118.59/L117.02)
ユーロ・ドル 1.3289/94
 (H1.3299/L1.3156)
豪ドル・円 59.59/64
 (H 59.82/L 58.77)
ポンド・円 127.18/23
 (H127.44/L125.59)
NZドル・円 47.19/24
 (H 47.43/L 46.81)
カナダ・円 72.98/03
 (H 73.05/L 72.23)
スイス・円 78.58/63
 (H 78.62/L 77.80)
香港ドル・円 11.48/53
 (H 11.51/L 11.43)
ポンド・ドル 1.4264/69
 (H1.4280/L1.4122)
ドル・スイス 1.1342/47
 (H1.1423/L1.1336)
南アランド・円 8.93/98
 (H 8.94/L 8.83)

東京外為市況(午前)

東京午前のドル・円相場は高値更新後に反落。序盤は、外貨建て投資設定に絡むドル買い・円売りに加え、ユーロ・円が上昇したことから連れ高となり、一時、本日高値の89.40円台を付けた。しかし、買い一巡後は、日経平均株価がマイナス圏に転じたことを背景に88.90円台まで値を落とした。現在は、新規材料に乏しく89.10円台で取引されている。また、ユーロ・円も同様に株価動向に左右され、一時117.10円台まで売り込まれたが現在は118円ちょうど付近まで回復している。一方、豪ドル・円は朝方発表された豪第4四半期消費者物価が好結果となり、59.50円台まで上昇したものの、来月の追加利下げが有力視されていることが重しとなり、値動きは限定的となった。


スワン豪財務相、発言

・豪政府はあらゆる措置を講じる必要がある
・豪政府は財政政策や金融政策の余地がまだある
・豪インフレは世界経済の低迷の影響で緩和し続けている

米国債、反発 7:49

27日の米国債券相場は反発(利回りは低下)。序盤、本日より開かれたFOMC(米連邦公開市場委員会)で長期国債買い入れなど量的緩和策の詳細が明らかになるとの観測から長期債に買い戻しが入った。その後は過去最高規模となる2年国債入札を前に小動きとなったが、午後に入り入札が好調な結果となると、長期、短期ともに買いが強まり米国債相場は大幅上昇した。

米国株、続伸 7:41

27日の米国株式相場は続伸。序盤は取引開始前に発表された米企業決算がまちまちとなったことで売買が交錯した。しかし、クレジットカード大手のアメリカン・エキスプレスの決算結果が好感された模様で、下落が続いていた金融関連株に買い戻しが入った。その後は米1月消費者信頼感指数が予想を下回り、一時マイナス圏へ足を踏み入れたが、徐々に上値を伸ばし100ドル超高となった。終盤はもみ合いながらもプラス圏を維持したまま取引を終えた。

NY商品市況 6:23

27日のNY金先物相場は反落。時間外取引では連日の金相場上昇から利益確定の売りが広がった。しかし、対ユーロでのドル安を手掛かりに一時900ドル台まで値を戻す展開となった。その後は対ユーロでドルが反発したことや、原油先物相場の下落により、900ドル台を割り込んで取引を終えた。
NY原油先物相場は続落。序盤、米1月消費者信頼感指数が統計以来の低水準を記録したことを受けて、米景気後退による原油需要が減少するとの見方から売りが先行した。また、明日に控えている在庫統計にて原油在庫の増加が予想されていることも売りの要因となった。その後、米証券大手ゴールドマン・サックスが原油価格の見通しを引き続き下降していくと見解を示したことから売りが加速した。
GOLD899.50
[▼9.30]
OIL41.58
[▼4.15]

NY外為市況 6:16

NY時間のドル・円相場は一進一退。序盤、米1月消費者信頼感指数が過去最低水準の落ち込みを記録し米株価がマイナス圏へ転じると、リスク回避の動きからドル・円は本日の安値となる88.40円台まで下落した。その後、米株価が持ち直すとドル・円は下げ幅を縮小したが、株価の伸び悩みを背景に再び安値圏へ押し戻された。現在は、89円ちょうど付近で売買が交錯している。一方、ポンド・円は底堅く推移。一時は米経済指標悪化の影響を受け下落したが、英政府が英自動車産業へ最大23億ポンドを融資保証する支援策を表明したことを好感し、一時126.50円台まで上昇した。

ラベル:株式 為替
posted by riki at 19:28| Comment(0) | 経済に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

株式・為替に関する情報 18:36

欧州通貨、上昇 18:18

先程発表された独1月IFO景況指数の好結果を受け、欧州通貨が買い優勢となっており、ユーロ・ドルが1月19日以来となる1.33ドル台乗せ、またポンド・ドルも1月20日以来となる1.42ドル台乗せとなっている。

米ドル・円 89.61/66
 (H 90.06/L 88.75)
ユーロ・円 119.27/32
 (H119.45/L117.24)
ユーロ・ドル 1.3308/13
 (H1.3329/L1.3135)
豪ドル・円 59.82/87
 (H 60.26/L 58.57)
ポンド・円 127.38/43
 (H127.65/L124.20)
NZドル・円 47.63/68
 (H 47.93/L 46.75)
カナダ・円 73.65/70
 (H 73.85/L 72.53)
スイス・円 79.09/14
 (H 79.41/L 78.08)
香港ドル・円 11.54/59
 (H 11.60/L 11.41)
ポンド・ドル 1.4215/20
 (H1.4222/L1.3925)
ドル・スイス 1.1329/34
 (H1.1419/L1.1310)
南アランド・円 8.94/99
 (H 8.97/L 8.74)

独1月IFO景況指数ほか

【指標】(独)1月IFO景況指数
【予想】81.0
【結果】83.0

【指標】(ユーロ圏)11月経常収支
【予想】--
【結果】-160億EUR

東京外為市況(午後)

東京午後のドル・円相場は反発。東京午前に見られたドル買い一巡後は、利益確定の売りが散見され89.20円台まで反落する場面も見られた。しかしその後は、本邦株式相場が前日比プラス370円超で引けたことや欧州勢が参入したことに伴い、一時1月21日以来となる90円台乗せとなった。一方、ユーロ・円は上昇。ドル・円同様、買い一服後は、短期筋からの戻り売りを背景に上値は抑えられ117.60円台まで値を下げた。しかし欧州勢参入後は、過度の信用不安の後退からクロス円のショートカバーが優勢になったことに連れ、ユーロ・円は1月19日以来となる119円台乗せ、豪ドル・円は1月20日以来となる60円台乗せとなっている。また、ポンド・円が同日以来の127円台乗せ、ポンド・ドルも、1.41ドル台乗せとなっている。

東京外為市況(午前)

東京午前のドル・円相場は堅調。序盤、対欧州通貨でのドル売りを背景に88.70円台まで売り込まれた。その後、本邦株式市場の上昇を受けて、89.40円台まで反発した。一時は、戻り売りに上値を抑えられるも、クロス円の上昇に連れて、本日の高値となる89.70円台まで上値を拡大した。一方、クロス円は全般的に買戻しが優勢。本邦株高を材料に上値を拡大しており、ユーロ・円は118.80円台、ポンド・円は126.10円台をつけた。

日銀金融政策決定会合議事要旨(12月18・19日分)

日銀金融政策決定会合議事要旨(12月18・19日分)
・政策金利0.1%からさらなる引き下げは排除すべきでない
・0.1%への利下げは景気刺激効果限定的
・CP買い入れは中小企業への貸出増加期待できる
・今後ターム物金利へ働き掛け強めるのは一案

NYダウ、反発 7:52

26日の米国株式相場は反発。序盤から、米製薬大手ファイザーが同業のワイスを買収するとの発表が好感され買いが優勢となった。また、12月中古住宅販売件数が予想を上回る好結果となったことも相場を後押しし、NYダウは一時150ドル超まで上昇した。しかしその後、企業の業績悪化懸念などから徐々に値を落としマイナスへ転じる場面も見られた。引けにかけては回復しプラス38ドルで取引を終えた。

米国債、続落 7:35

26日の米国債券相場は続落(利回りは上昇)。午前は今週に一連の入札を控えていることが意識され売りが優勢の展開となった。また、米住宅指標の好結果を受けて、住宅市場は予想していたほど悪くないとの期待感も売りを後押しした。午後に入り、20年債入札が不調に終わると更に下値を切り下げた。なお、NYダウが一時的にマイナス圏に転じたが、引けにかけてプラス圏に戻したことから材料にはならず、債券相場は軟調に推移した。

NY外為市況 6:42

NY時間のドル・円相場は高値更新後、下落。序盤、米経済指標の予想外に強い結果を受けてNYダウが上値を拡大し、ドル買いが先行した。また、クロス円の上昇もドル・円に波及した模様で、ドル・円は、一時本日高値となる89.60円台まで急伸した。しかし、その後にNYダウが上昇幅を縮小すると徐々に値を落とし、現在は89円ちょうど付近で小動きとなっている。一方、ユーロ・ドルは上昇。欧州株価の上昇や対欧州通貨でドル売りが優勢となったことで堅調に推移し、現在も1.3180ドル台の高値圏で推移している。

NY商品市況

26日のNY金先物相場は続伸。序盤は、先週金曜につけた高値感から利益確定の売りが散見され、軟調地合いでスタートした。しかし、米経済指標が予想を上回る好結果となったことを受けて、米景気回復への期待が高まり、金は反発。ドル安も手伝って、900ドル台をキープし取引を終えた。
NY原油先物相場は反落。米経済指標が予想に反する強い結果となったことで、景気後退深刻化による原油需要減への懸念が和らぎ、原油は買いが優勢となった。しかし、株価が下落へ転じると、早々に利食い売りが入り、原油相場は上値を削ぐ格好となった。引けにかけては一段安となり、マイナス圏で引けた。

ウェーバー独連銀総裁、発言

・次回の政策金利決定は、データ次第
・中期的にはユーロ圏にデフレリスクはない
・経済見通しのリスクは下振れ方向



posted by riki at 18:40| Comment(0) | 経済に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥ずかしいことをしてしまった

今日は一日の予定を書き込んでいない。
DVD制作に時間を割いているので、その時間がとれなかった。

とりあえず、一日の反省はしておこうと思う。

昨日作成したテストのチェックをして、全部印刷してテスト関係の仕事は終了。

その後は、DVD制作。

集中していたので、頭が疲れてた。
気になったので、血圧を測ってみた。

すると、175−102だ。

おー、高い。

考えるに、集中すると頭を使うのでより多くの血液が頭に集中するのだろう。

だから、血圧も上がるのだろう。

DVDをコピーしてくれる業者と打ち合わせ。
何と女性社長だ。
すごい!

今考えてみると、失礼なことをしてしまった。
その人の名刺でパソコンのある部分を指してしまった。

名刺を使って、そんなことをしたら失礼だ。
恥ずかしい限りだ。心に油断があった。超反省。

もっと、失礼のないようにマナーを身につけないといけないと反省した。

サー今から風呂に入って、作業開始だ。

posted by riki at 18:35| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD作成は気が重い

昨日は、検定の報告から発送まで、ついでに、お金の送金も郵便局でできた。

テスト作成については、下準備が職場でできていたので自宅で完成。今日、確認をして印刷できるところまでできた。

DVD作成は、できなかったが今から遅々としてもいいから今から始める。

DVDは重荷だ。
1700枚印刷して配るという。職場回りだけならプレッシャは今より小さいと思うけど、それだけ配るとなると、安っぽいものは作れない。

簡単に言っている人の気が知れない。

気が重い。
プレッシャーだ。
何とか逃げ出したい。

でもそういうわけにもいかないか。

積極的に今から頑張ろう。
 

posted by riki at 03:36| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式・為替に関する情報 3:15

米ドル・円 89.22/27
 (H 89.67/L 88.27)
ユーロ・円 117.69/74
 (H117.96/L113.68)
ユーロ・ドル 1.3193/98
 (H1.3201/L1.2858)
豪ドル・円 58.97/02
 (H 59.37/L 57.49)
ポンド・円 124.80/85
 (H125.09/L119.71)
NZドル・円 47.28/33
 (H 47.69/L 46.20)
カナダ・円 73.12/17
 (H 73.75/L 71.30)
スイス・円 78.20/25
 (H 78.23/L 75.86)
香港ドル・円 11.49/54
 (H 11.54/L 11.36)
ポンド・ドル 1.3987/92
 (H1.3989/L1.3544)
ドル・スイス 1.1401/06
 (H1.1640/L1.1393)
南アランド・円 8.83/88
 (H 8.84/L 8.54)
で取引中。 (02:19)

米12月中古住宅販売件数

【指標】(米)12月中古住宅販売件数
【予想】 440万件
    [前月比]-2.0%
【結果】474万件
    [前月比]+6.5%
 
【指標】(米)12月景気先行指標総合指数
【予想】[前月比]-0.3%
【結果】[前月比]+0.3%

欧州外為市況 2009/01/26 22:21

欧州時間のドル・円相場は反発。欧州勢参入後、短期筋からの持高調整によりクロス円が上昇したことで、ドル・円も買いが優勢となった。しかし、一時は、市場参加者が減少していたため88円台後半に値を下げたが、英バークレイズ銀行の黒字決算の見通しを好感して欧州株式市場が堅調に推移したことやダウ先物がプラスに転じたことがクロス円やドル・円の支援材料となり、ドル・円は89.40円台まで反発した。なお、現在のところECB理事や英ブラウン首相の発言に影響はみられず、89.10円台付近で取引されている。一方、ポンドは上昇。欧州株高により、ポンド・ドルは1.3900ドル台、ポンド・円は124.00円台と本日の高値をつけた。

英ブラウン首相、発言 2009/01/26 20:24


英ブラウン首相
・英国の金融政策は為替レートを基準にしていない
・金融危機に対して世界的に行動することが必要
・世界各国が金融刺激策を検討している
 
ゴンザレス・パラモ欧州中央銀行理事
・物価安定のため、利下げが必要
・ECBの金利政策は物価の安定を保証しなければならない
・依然として世界の金融システムは厳しい状況
 
ノワイエ仏中銀総裁
・外貨準備が融資の新たな役割を果たす
・金融政策は物価・通貨の安定を保証すべき
・金融危機が新興市場の実体経済に影響を及ぼしている


ラベル:為替 株式
posted by riki at 03:18| Comment(0) | 経済に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

株式・為替に関する情報 18:48

東京外為市況(午後) 17:16

東京午後のドル・円相場は反落。序盤、東京午前に見られたドル買いに支えられるものの、日経平均株価の上げ渋りを受け、89.10円台で方向感なく取引されていた。しかし、ドル買い一巡後は、日経平均株価が下落に転じたことやユーロ・円の軟調推移につれ88.50円台まで値を下げた。本日はアジア市場が一部休場であることから動きづらい展開となっており現在も同水準で推移している。一方、ポンド・ドルは安値圏でもみ合い。イングランド銀行政策委員会のブランチフラワーが「英国は米国と同様金利がゼロ水準に向かっている」と発言したことを受けて、下落基調となり1.3540ドル台と本日最安値を示現した。

東京外為市況(午前) 13:15

東京午前のドル・円相場は小高い。前週末NYクローズの水準でオープン後、一時88.20円台まで下落した。ユーロ・円を中心とした、クロス円の下げにつれた模様。その後は、仲値決済に絡んだドル買いを背景に、じりじりと値を上げ89.30円台まで上昇した。本邦輸入企業や国内投資家からのドル買い、また本邦株式市場が持ち直したこともドル買いを後押しした。一方、ユーロ・円は反発。ドル・円同様、オープン後は1円以上値を下げ、113.60円台まで下落した。売り一服後は、ショートカバーの動きから115.50円台まで上値を切り上げる展開となった。

posted by riki at 18:50| Comment(0) | 経済に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の思考が人生を創る

今日は仕事がいっぱいだ。

検定の問題検討
発表会準備
テスト作成
DVD制作
お金の振り込み

まずは、検定の問題検討をさっさと仕上げる。それからお金の振り込み。

早くできることから片づける。

今日も緊張して、時間を計って仕事に集中しよう。

<今日の一言>
 可能な限り、消極的な気持ちで肉体を考えないようにすることが何よりも大切である。特に病のときは病を忘れる努力をすべきである。一言で言うならば、
「人間の健康も、運命も心一つの置きどころ」
 心が積極的方向に動くのと、消極的方向に動くのとでは、天地の相違がある。ヨガ哲学ではこれを、「心の思考が人生を創る」という言葉で表現している。
中村天風



積極的心=何事も一生懸命、きれいな言葉、思いやりのある言葉

それだけを考えて生きる。
 
ラベル:中村天風 生きる
posted by riki at 06:08| Comment(0) | 今日の目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日は疲れた

昨日は頑張って、DVD制作に力を注いだ。
注いだ分、前より効率的にしかも以前よりきれいに作成することができるようになった。


できるようになったことは、
WinShotで切り抜いた写真を同じ大きさにして、貼り付けることができた。
PhotoShopのレイヤーには影をつける機能がついているのを発見した。

この二つを使えるようになっただけで、素晴らしい進歩だ。

やっぱり、やっただけのいいことはあるもんだ。

それを発見するためには、こんなことできないのかな?という疑問をもって作業をしていくことが大切だ。

昨日の作業は、
DVDのトップページ作成。
Flashでタイトル作成。
iPod風の音楽再生。もちろんFlashを利用。

しかし、まだ半分の作業しか終わっていない。

完成できなかったので、今日は素直に謝ろう。
 
posted by riki at 05:48| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

苦しむこと

今日の一日DVD制作に力を注ぐ。
身体の続く限り……

頑張るしかない。

<今日の一言>

 一体現代の多くの人は、人間というものが苦しむことによって、偉大になり、同時に苦しむことによって尊いものを認知し、尊いものを知り得てはじめて真に尊くなり得るのであるということを、知らないようである。
 しかもそれが求めることより願い続けることから作為されるということを……
中村天風



そうだよね。
苦しいときはよく考える。
考えるから成長できる。
そこから真理を知ることも今までよくあった。

今の世界的な不況になりつつある。この苦しみから多くのことを知って偉大になっていこう。

みんな頑張れ。
谷の後には、必ず山がくる。山に登るには考えて行動するのみだ。

みんな頑張れ、きっといいことがある。
 

ラベル:中村天風
posted by riki at 05:51| Comment(0) | 今日の目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眼痛

DVD制作を先延ばしにしていたので、昨日から急ピッチで作業に取り組んでいる。

でも、最近長い時間パソコンに向かっておれない。
数時間すると、眼痛だ。それから頭痛になってしまう。

大体、DVD制作という仕事は僕には向いていない。芸術的なセンスというがないから。

パソコンができると、パソコンですることは何でもできると思っている。

声を大にしていいたい。

パソコンができるというのは、
プログラムができる。
いろんなソフトが扱える。
というくらいで、芸術的なものは全く関係ない。

そこを理解して欲しい。

結局、先延ばしになったのも、記録として残るものだから、芸術的なものをどのようにするか、そこに時間がかかった。

原因はそこだけだ。

それと、こんな仕事をするのに一人に丸投げ。
それはあんまり酷じゃない?

そのせいかわからないけど、ずっと寝汗をかいていた。

寝汗は、自律神経失調症が考えられる。
つまり、寝ていても精神的に興奮状態ということだ。


しかし、これを完成させると、○百万円の節約。
すごい仕事だ。そう考えるとやりがいはある。

とにかく、形にするしかない。

愚痴はこれくらいにして、自分のために頑張ろう!
 
posted by riki at 05:37| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

2009/01/24 9:54以後の株式・為替に関するニュース

米国株、続落09/01/24 9:54

23日の米国株式相場は続落。米企業業績が悪化傾向にあることが懸念され、序盤は下落スタートとなった。金融大手ゼネラル・エレクトリック(GE)が発表した10-12期決算が大幅減益だったことが不安感を強めただけでなく、米企業の相次ぐ低調な決算発表も嫌気されると幅広い銘柄が売られ、一時7900ドル前半まで値を落とした。午後になると値ごろ感から買戻され、プラス圏へ戻す場面も見られたが、相場は弱く、一時の下げ幅は大きく縮小したものの続落となった。

米国債、一段安09/01/24 9:46

23日の米国債券相場は下落(利回りは上昇)。序盤、オバマ大統領が計画している大型景気対策が早期に実施されるとの見方が広がり、国債発行額が膨らむと改めて懸念され売りが先行した。中国による米国債保有の不安定化観測も相場を圧迫した模様。また、米企業の冴えない決算内容を受けたNYダウは前日比210ドル超まで下値を拡大したものの、その後は同景気対策法案の早期成立観測から下げ幅を打ち消すと債券相場は一段安となった。

NY外為市況09/01/24  6:46

NY時間のドル・円相場は上昇後、88円台後半で小動き。序盤、欧州株や米株価指数先物の下げ止まりを受け、88.90円台をつけたが、戻り売りに押されて値を落とした。しかし、オプション絡みのドル買いとクロス円のショートカバーに連れてドル・円は本日の高値となる89.50円台に達した。しかし、NYダウの下げ幅拡大と本邦企業のレパトリに伴った売りが相まって88.60円台まで反落。その後は、NYダウが下げ幅を縮小すると値を戻し、一時89円台を回復したが現在は88円台後半で方向感に乏しい展開となっている。一方、ユーロ・ドルは堅調。独企業の破産報道を受け、一時は1.2760ドル台へ弱含んだが、売り一巡後は、週末を控えたポジション調整により1.3030ドル台まで上昇した。

米ドル・円 88.81/86
 (H 89.58/L 87.97)
ユーロ・円 115.31/36
 (H116.03/L112.49)
ユーロ・ドル 1.2983/88
 (H1.3030/L1.2764)
豪ドル・円 58.08/13
 (H 58.66/L 56.49)
ポンド・円 122.59/64
 (H123.72/L118.76)
NZドル・円 47.18/23
 (H 47.35/L 45.59)
カナダ・円 72.05/10
 (H 72.46/L 69.67)
スイス・円 76.76/81
 (H 77.32/L 75.40)
香港ドル・円 11.43/48
 (H 11.53/L 11.33)
ポンド・ドル 1.3807/12
 (H1.3895/L1.3501)
ドル・スイス 1.1560/65
 (H1.1712/L1.1504)
南アランド・円 8.71/76
 (H 8.85/L 8.43)
で取引中。 (06:35)

NY商品市況09/01/24 6:13

23日のNY金先物相場は続伸。ドル相場の回復などを受けて序盤の金先物は冴えない動きだったが、中盤以降は米株価が低水準で取引されたことや、欧州の金融不安により安全資産である金へ大口の買いが入った模様。一時、900ドルを超す高値を付けた。
NY原油先物相場は続伸。序盤は米国の景気後退による原油需要減や、米株価の低迷などを背景として41ドル台まで下落した。原油在庫の増加も売り材料となったとの声も聞かれる。その後は、ショートカバーが出たことに加え、OPEC(石油輸出国機構)による過去最大の減産により需給バランスに効果が出始めると判断され、急伸することとなった。

ラベル:株式 為替
posted by riki at 10:20| Comment(0) | 経済に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分とは何か

今日は一日中DVD制作に費やす予定。
対外の時間がかかるだろう。

だから今日はこれでおしまい。

<今日の一言>
 人間、この世に生きるのに何が一番必要かといえば、人生に対する考え方です。これを人生観という。生きていれば絶えず何事かが、陰に陽に自分の人生を脅かす。そのときに人生観があやふやだと、惨憺たる人生を歩むことになる。だから、確固とした、強固として動かざる人生観を持つことが必要なのだ。そのためには、何をおいても、まず第一に「自分が何ものか」ということがわからなければだめなんだ。
中村天風


追伸
今、利用させてもらっているDDNS、ieSever.netが不調。
昨日からメールができない。

管理人さん、いつもお世話になっています。復旧お疲れ様です。
 


ラベル:中村天風
posted by riki at 08:29| Comment(0) | 今日の目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほぼ一日の計画どおり

昨日はテスト1教科作成。
校門指導
プレゼンの指導。

ほぼ、計画どおりできたと思う。

気合いを入れてテスト作成したものだから、その後精神的に疲れてしまった。



posted by riki at 07:59| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

株式・為替に関するニュース 

欧州外為市況09/01/23 22:10

欧州時間のドル・円相場は反発。序盤は、欧州株価の軟調推移やリスク回避のドル売りに伴いじりじりと値を下げ、ドル・円は本日の最安値となる87.90円台まで下落。しかし、ドル売り一巡後は、欧州通貨に対するドル買いが下支えとなり88.30円台まで値を戻した。その後も、ドル買い優勢の展開が続き、現在は88.70円台まで反発している。一方、ポンドを中心に欧州通貨は軟調。英第4四半期GDP・速報値の悪化を受け、リスク回避の動きが強まったことや、米株価指数先物が下げ幅を拡大したことを背景に対円、対ドルともに売り優勢。ユーロ・円は112.40円台、ポンド・円は118.70円台まで一時下落。ユーロ・ドルが1.2760ドル台、ポンド・ドルも1.3500ドルちょうど付近まで急落した。

欧州通貨、続落09/01/23 19:02

英第4四半期GDPの悪化を受けて、ポンド・米ドルが下値を拡大しており、1985年9月以来となる1.36ドル台割れとなっている。また、ユーロ・ドルは08年12月8日以来となる1.28ドル台割れとなっている。

英第4四半期GDP・速報値ほか09/01/23 18:41

【指標】(英)第4四半期GDP・速報値
【予想】[前期比]-1.2%
[前年比]-1.4%
【結果】[前期比]-1.5%
[前年比]-1.8%

【指標】(英)12月小売売上高指数
【予想】[前月比]-0.7%
【結果】[前月比]+1.6%


東京外為市況(午後)

東京午後のドル・円相場は軟調。日経平均株価が後場に入って下げ幅を拡大し、前日比マイナス300円超で引けたことや、クロス円の下落に連れ、ドル売りが先行。88.30円台まで値を落とした。その後はショートカバーにより88.60円台まで値を戻す場面も見られたが、再び下げに転じ88.20円台の本日安値を更新した。一方、ポンド・ドルは英国財政悪化によるリセッション懸念からポンド売りが入り、ストップロスを巻き込むと1.3680ドル台まで下値を拡大した。連れて、ポンド・円も一時121円ちょうど付近の本日の安値をつけた。また、ユーロ・円が113.40円台まで下落するなど、その他のクロス円も総じて軟調推移となっている。

本邦1月金融経済月報・基本的見解

・景気は当面、減速を続ける可能性が高い
・輸出・設備投資は大幅に減少していると判断を下方修正
・国内金融市場は厳しさを増している

東京外為市況(午前)

東京時間午前のドル・円相場は89円台を挟み、レンジ内での取引に終始。序盤は仲値不足によるドル買いが散見され、89.20円台目前まで上昇する場面が見られた。しかし、本邦株式相場が寄り付きから軟調に推移した事を受け、88.80円近辺まで値を下げた。一方、ユーロ・円は冴えない動き。序盤はドル・円の上昇に連れ、東京午前の高値となる116円台をつけた。しかし、ドル・円同様に本邦株価の大幅下落やユーロ・ドルの軟調な推移に連れて、115.00円台まで値を下げている。


米国株、大幅安09/01/23 8:03

22日の米国株式相場は大幅安。朝方発表されたソフトウェア最大手マイクロソフトの減益決算を受け、寄り付きよりマイナス圏でスタートした。その後も、米12月建設許可件数や週の新規失業保険申請件数の下振れを受けて、住宅市場や米雇用情勢の低迷を嫌気した売りが加速し、NYダウは一時前日比270ドル安となった。しかし、一方ではオバマ政権の景気対策に期待した押し目買いも見られ下げ幅を縮小して取引を終えた。
DOW8122.80

米国債、まちまち09/01/23 7:55

22日の米国債券相場はまちまち。NY時間朝方は、住宅関連と雇用関連の経済指標が大きく悪化し、国債は買いが先行した。しかし、米次期財務長官ガイトナー氏が「オバマ大統領は中国が為替操作国と確信している」と発言したことを受け、オバマ新政権が中国に対し強気の外交路線をとるとの観測が強まり、中国による米国債の保有が不安定化する可能性が警戒された模様で、国債は売りへと転じた。その後は、一度大きく下落した米株価が下げ幅を縮小するにつれ、長期債は上げ渋ったが、短期債は買いが集まった。

ビーニ・スマギECB専務理事、発言09/01/23 7:47

・ゼロ金利に近づけることはデフレリスクが大きい場合にのみ妥当である
・政策金利をゼロにすることを排除できないが、極端な状況になった場合である
・ユーロ圏は米国と比べ、デフレリスクは小さいと認識

NY外為市況09/01/23 6:48

NY時間のドル・円相場は安値更新後、戻す。序盤、米12月住宅着工件数などの住宅関連の指標や米1/18までの週の新規失業保険申請件数が弱い結果となったことを背景に本日の安値となる一時、88.00円台まで下落した。しかし、ドル売り一巡後は米上院財政委員会にてガイトナー氏が米財務長官に承認されるとショートカバーが優勢となり、89.20円台まで反発した。ただその後は、戻り売りに押され88円台後半まで値を戻す展開となった。一方、ユーロ・ドルはガイトナー氏が「強いドルは米国の国益」と発言したことが重しとなった模様で一時、本日の安値となる1.2900ドル台をつけた。ユーロ ・円はドル・円の下落に連れて113.90円台をつけたが、米国株が下げ幅を縮小したことを背景に買い戻され、一時116円台を回復した。

NY商品市況09/01/23 6:19

22日のNY金先物相場は上昇。金融機関の先行き不安や、世界的なリセッション入り懸念により、安全資産として逃避買いが再燃した。一時は、ドル反発の影響からマイナス圏に下落するものの、米株価の低迷を受けて858.80ドルの高値圏で引けとなった。
NY原油先物相場は下落後、反発。序盤は弱い結果となった米経済指標を背景とし、軟調に推移した。しかし、進行する価格低下を阻止するため、石油輸出国機構(OPEC)による追加減産の検討案が浮上すると買い戻された。
GOLD858.80
[△8.70]
OIL43.67
[△0.12]



ラベル:株式 為替
posted by riki at 22:10| Comment(0) | 経済に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

求道とは実行である

今日は2年生が修学旅行の最終日。
そのおかげで、授業が1時間。

今日はできれば2つテスト作り終えたい…。

テスト作るのは相当熟慮するので、1つできればグーかもな。

<今日の一言>
 いくら素晴らしい教えであっても、これを実行しなければ、それは絵に描いた餅に過ぎない。例えば、積極心を身につけるにあたって、感謝の念が重要であることはよく知っているはずだが、いざとなると不平不満が先行してなかなか実行が伴わない。
 その点、傑出した先達に見られる求道の精神は文字どおり絶対不断であった。積極心を本当に絶対的にしたければ、その手始めに一切の不平不満を感謝に置き換える努力を怠らないことである。
中村天風


先達 せんだつ
(1)その方面で立派な仕事をして、後輩を導く人。先輩。先学。
「理論物理学の―」
(2)修験道で、山に入って修行を行う際に指導する者。
(3)先に立って導いていく人。案内者。指導者。
「すこしのことにも―はあらまほしき事なり/徒然 52」

人は素晴らしいこととわかっていても、しかも基本的なことで難しいことではないのに、継続して実行することがなかなかできない。
それが着実にできる人が成功者となっているのだろう。

 

posted by riki at 05:12| Comment(0) | 今日の目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんと憂鬱な通勤時間

昨日は、テストを1つ作ったので、満足。
何か成果物があると、過ごした一日を充実?満足感?達成感を感じることができる。

何か、一つでも成果物を残していけるようにしていくことは大事だ。

家に着くのに70分もかかった。
この時間をどうにかできないものか?

その分、家に到着してからの自分の時間が数時間になってしまう。人生は限られているのだから、通勤時間にそんなに使うのは本当にムダだ。

その時間に本でも読めれば、その時間はその時間でとっても有効に感じることができるのだが。

講演テープみたいなものを聴く手もあるけど、何度も聴いていても頭を通り抜けるってかんじになってしまう。


何か、有効な使い方はできないものか?
 

posted by riki at 04:51| Comment(0) | 今日の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式・為替に関するニュース 4:26

トゥンペルグゲレルECB理事、講演09/01/23 0:44

・厳しい金融危機に直面し、経済活動は急激に減退
・ユーロ圏の実態経済への影響は出始めている

ガイトナー米次期財務長官、発言09/01/23 0:22

・強いドルは米国の国益
・オバマ大統領は中国が為替操作国と確信している

米12月住宅着工件数ほか09/01/22

【指標】(米)12月住宅着工件数
【予想】60.5万件
【結果】55.0万件

【指標】(米)12月建設許可件数
【予想】60.0万件
【結果】54.9万件

【指標】(米)1/18までの週の新規失業保険申請件数
【予想】54.5万件
【結果】58.9万件

【指標】(加)11月小売売上高
【予想】[前月比]-2.0%
【結果】[前月比]-2.4%

【指標】(加)12月景気先行指数
【予想】[前月比]-0.6%
【結果】[前月比]-0.6%
(22:30)

欧州外為市況09/01/22 21:11

欧州時間のドル・円相場はじり安。序盤、対ユーロでのドル売りに連れ、88.80円台まで軟化した。売り一服後は、材料難から89円ちょうどを挟んでもみあいが続いたが、クロス円の軟調地合いを背景にドル・円もつれ安となり、88.70円台まで反落した。現在も同水準で推移している。一方、ユーロ・ドルは一進一退。欧州勢参入後にユーロ売りが優勢となっていたが、その後はショートカバーや、ユーロ圏ECB月例報告でインフレ期待を2%に近づけることを維持すると伝わった事が好感され、1.3080ドル台と本日高値を示現した。買い一巡後は、再び1.29ドル台後半へと売り戻された。
現在、
米ドル・円 88.70/75
 (H 89.52/L 88.58)
ユーロ・円 115.32/37
 (H116.80/L114.88)
ユーロ・ドル 1.2996/01
 (H1.3080/L1.2943)
豪ドル・円 58.21/26
 (H 59.31/L 57.89)
ポンド・円 122.05/10
 (H125.33/L121.97)
NZドル・円 46.78/83
 (H 47.71/L 46.48)
カナダ・円 70.38/43
 (H 71.26/L 70.22)
スイス・円 76.67/72
 (H 77.62/L 76.59)
香港ドル・円 11.42/47
 (H 11.53/L 11.40)
ポンド・ドル 1.3759/64
 (H1.4021/L1.3751)
ドル・スイス 1.1570/75
 (H1.1592/L1.1505)
南アランド・円 8.80/85
 (H 8.96/L 8.74)
で取引中。 (21:02)
ラベル:株式 為替
posted by riki at 04:30| Comment(0) | 経済に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。