今日一日
怒らず 恐れず 悲しまず
正直 親切 愉快に
力と 勇気と 信念とを持って
自己の人生に対する責務を果たし
恒に平和と愛とを失わざる
立派な人間として生きることを
厳かに誓います

2008年12月21日

あんまり気にされていない脂肪肝が実は…

朝からテレビを見ていると
脂肪肝について、解説をしていた。

まず、脂肪肝というのは
肝臓に脂肪(中性脂肪)が大量に蓄積した状態を言います。
WS000002.JPG
大きい丸い部分が細胞、その中にある点が核です。脂肪肝になると、その核がつぶれ、細胞が破壊されることになるそうです。破壊された細胞に脂肪が付いていくことみたいです。
脂肪肝になっても痛みがないため、ほとんどの人が気がつかない。もしくはわかっていても気にしていないと言うことらしいです。

大体肝臓は
・代謝と体温の発生:グリコーゲン・タンパク質・脂肪を合成、貯蔵分解し必要に応じてエネルギー源として送る
・解毒:体内の有害な物質を無害な物質に変える
・肝汁の分泌:胆液(十二指腸で分泌)は脂肪の消化を助ける
仕事をしているんです。

脂肪肝になると、その機能が低下することになります。

昔は、アルコールのとりすぎで脂肪肝になると言われていましたが、最近は、アルコールはとっていなくても脂肪肝になることがわかっています。

偏食が原因らしいです。

テレビの例では、
・夜に過剰に果物をとっていた。
・おかずを食べていなかった。

中性脂肪は、タンパク質と結合して排出するもの。
タンパク質をとっていないと、中性脂肪だけが残って、脂肪肝になるみたいです。

まずは、アルコールを一日20ml以下に抑え(飲まないことですね)、暴飲暴食をしないことでしょう。

人間は生きるために必要な量だけ食べておけばいいですね。
何事も自分のための過剰な欲は破滅の元だということしょう。
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。