今日一日
怒らず 恐れず 悲しまず
正直 親切 愉快に
力と 勇気と 信念とを持って
自己の人生に対する責務を果たし
恒に平和と愛とを失わざる
立派な人間として生きることを
厳かに誓います

2009年01月02日

わからないから考えるのが楽しかった

産経ニュースの次代のノーベル賞候補 常識覆す”ハンター”を読んで、心に残る箇所があったので、紹介します。

記事の内容は「若さのもと」ともいわれる成長ホルモンの分泌を促進する物質を発見した国立循環器病センター研究所の寒川賢治所長の記事。

記事の詳細については、リンク先を参考にしてください。


この記事の中で、昨年ノーベル賞を受賞した小林誠氏、増川敏英氏の持論がとても印象的でした。


「難しい物理の本を読み、わいてくるいろんな疑問をずっと考え続けるのが楽しかった」。小林さんは昨年11月、地元の茨城県つくば市で行った講演で、自身の高校時代を振り返り、「疑問にぶつかっても分からないとあきらめず、考え続けるのがよい」


通常、考えることが苦痛なので考え続ける人が少ない。しかし、彼らは考えることが楽しかった、と言っている。

「考える」いかにも単純な一言。

しかし、それをやったから、彼らはノーベル賞を受賞できた。

成功というのは、単純なのかもしれない。

夢をもって、その夢を実現する方法を、考えて、考えて、考え抜く。
これが成功するために必要なことなのだろう。
 
これからは、いつもマインドマップを書いて、考えて、考えて、考え抜いて毎日を過ごそう。

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。