今日一日
怒らず 恐れず 悲しまず
正直 親切 愉快に
力と 勇気と 信念とを持って
自己の人生に対する責務を果たし
恒に平和と愛とを失わざる
立派な人間として生きることを
厳かに誓います

2009年01月02日

株も為替も商品先物も小康状態から急下落かな?

今日の平成進化論を読んで、昨年から僕も同じ事を考えていたことが書いてあってので、紹介したい。

平成進化論から

ニューヨークダウは1929年〜1932年の間に なんと「約9割」という暴落を記録したようです。

〜省略〜

現在、ジェットコースターの一番高いところにまさに
  到達せんとしていて、これからしばらくの小康状態を経て、
  その後、一気に、つるべ落としに急降下していくのでは
  ないか、

  という状態。


ここまで

これから書くことは、あくまでも素人の感で参考にはならないということを前提に読んで欲しいと思います。

今、年末からちょっと高めなっていますが、これは騙しじゃないのか?

もう底はうった、というイメージを与えて、本格的に売りに入って行くのじゃないのか?

決定的な悪い統計が出て、奈落の底まで落ちるのではないか?

2007年の下げを一番下げ、2008年を2番下げ、今年3番下げで落ち着くのか?
または、
2008年が一番下げ、2009年に二番下げが来て、2010年に3番下げ?

僕が書いても不安をあおることはないと思いますので、全く根拠のない仮説をあげてみました。

平成進化論でも最悪のシナリオでもつぶれない準備をしておくことが大事だと書いてあるので、せっせとそうなったときに立ちゆかなくならないよう準備だけはしっかりとしておかないといけません。


また、ラビ・バトラが平成11年12月に出版した「大予測・世界経済」という本の中でデリバティブ取引で資本主義経済は崩壊するということが書いてありました。

それにしてもよく当たっている本だ。

読んでみたい人はこちらからどうぞ!
ラビ・バトラの大予測・世界経済―2000年から2030年まで (未来ブックシリーズ)

 
追伸
2000年から2030年までを予想している本です。
予想だけではなく、世界経済が崩壊後の予想まで書いてあるので一読する価値はあると思います。

他にもこんな本があります。
2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測

バトラ,ラビ
経済学者。1943年インド生まれ。デリー大学卒業後、渡米し、米国サザン・イリノイ大学で博士号を取得。「イラン・イラク戦争の勃発」「ソ連解体」「日本のバブル崩壊」などの世界情勢に関する予測を次々と的中させ、世界的に高い評価を受けている。現在、サザン・メソジスト大学教授
 
ラベル: 為替 商品先物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。