今日一日
怒らず 恐れず 悲しまず
正直 親切 愉快に
力と 勇気と 信念とを持って
自己の人生に対する責務を果たし
恒に平和と愛とを失わざる
立派な人間として生きることを
厳かに誓います

2009年03月31日

入学式に保護者が参加すると過保護?

入学式会場が父母でパンク…京大・阪大、今年から学外で

最近、入学式をみるに来る保護者が増えたため会場に入りきれない状態になっているらしい。そんな保護者を過保護だと批判しているが…


その記事の中にこんな記述があった。

 昨年の東大入学式の祝辞で「子離れが必要」と苦言を呈した同大学特別栄誉教授で建築家の安藤忠雄さんは「少子化だからこそ、自立した若者が日本を支えなければならない。入学式に親が来るという『過保護』は時代に逆行する」と話す。 尾木さんは「有名大学を出ても、将来が保証されない時代。自分の目で見ないと不安だという親が増えたのでは」と見る。

ここまで。

なんで、入学式に親が来ると過保護になるんだろう。

ただ単に子供ががんばって東大に合格した。それに対して、親はただ単にうれしいだけ、その晴れ姿をみたいと思っているだけだと思う。

親として当然だ。
それがなぜ悪い?

子供に対して何をしてあげたというのか?ただ、入学式を観にいっただけでしょう。
親として子供の成長をみたい、それだけだ。

それにいくつになっても子供はかわいい。
それがなぜ悪い!


特に難しいと言われている大学に合格できたら、親は単純に子供の晴れ姿をみてみたい。

これって過保護になる?

祝辞でそんなことを話す「同大学特別栄誉教授で建築家の安藤忠雄」の方がおかしいでしょう?

祝辞ってお祝いを言うんでしょ。
どっちがおかしい?
 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。